To Be with You

その昔、20年以上前


彼と出会って、友達以上の仲になった頃

私は、故郷の恋人に別れを告げられた


彼が言うには「毎日死んじゃいそうな顔してた」らしい


その頃、彼と一緒に受けていた講義の合間に、音楽を流す時間があったらしい

彼からそう聞かされても、そんな記憶、私にはまったくないのだけれど


その時に、彼が、洋楽好きの友人に相談してオススメされて、流したという曲


Mr.Big『To Be with You』


そんな時間があったことすら覚えていない私が、こんな曲のことなんて覚えているわけがなかった




彼と再会してから、一緒にお酒を飲む時

(今はそんなこともなかなかできないけれど)

話題の半分くらいは、出会った頃のこと

共通の話題だから、楽しすぎて、いつまでも話してしまう

酔ってるから、何度でも同じ話をする

懐かしそうに話してくれる彼の顔も、いつもよりやさしくて、大好きで


酔ってくると、私はいつも同じ質問の繰り返し


「いつから私のこと好きだったの?」

「かわいいと思ってた子が、他にもいたんでしょ?」

「誰かに言い寄られたりしたんでしょ?」


彼の答えも毎回同じ

答えがわかってて、いつも同じ質問をして、その答えを聞いて、満足したり、すねて怒ったり


そして、お決まりは


「なんであの時、もっとしつこくつかまえようとしてくれなかったの?」

「もしあの時に戻ったら、私と結婚する?」


と、彼に絡んだり


「なんでこうなっちゃったんだろ」

「こんなにも好きなのになんで私たちはずっと一緒にいられないんだろ」

「こんなにも好きでごめんね」

「私なんかとまた会っちゃったせいでいやな思いばっかりさせてごめんね」


と、泣き出す


私がそんなことになっても、彼は

「まーたはじまった」

と言って、ただ笑っている



そうやって昔話をしていると、彼は、酔えば酔うほど、時々だけれど

「あ!酔っ払ってきたら思い出したぞ」

と言って、私がまだ聞いたことのない話をしてくれることがある


一度は、私がふられた故郷の恋人の話

「バイクに乗ってるヤツだっただろ?」

と言った


私「えー?なんで知ってるの?」

彼「昔お前から聞いた、お前から聞く以外、知れるわけないだろ」

私「そうだよ、○○○(バイクの名前)」

彼「あー!そうだ、○○○、お前がそう言ってた!思い出した」


そんな、ちっちゃな、どうでもいいようなことを、彼が覚えていてくれたことに、驚いたり、すごくうれしかったりする





その曲のことを彼が話してくれたのは、単身赴任中の彼のお部屋でふたりで酔っ払っていた夜

彼の、異動の直前だった


彼はその日飲み会で、その夜は、私が先に彼のお部屋にいて、たった一度きり

「おかえりー」

と、彼を迎えてあげられた夜だった


忘れられない、貴重な夜


「(私の名前)ただいま〜」

と部屋に入ってきた彼は、とってもご機嫌で

「お前がここにいるなんて、サイコーだな」

「灯りがついてる!いるいる!って、うれしくてさぁ」

「お前と飲めるなんて、ホントにうれしいよ、俺」

と、その後も、またどんどん飲んじゃって

私もどんどん飲まされて

明け方まで飲んだ挙句、エッチの最中に寝ちゃった、らしい

ふたりとも全然覚えてなかったけど、そんな形跡はあったから


そんな夜に

「酔っ払ってきたら思い出したぞ」

と言って、その曲の話をしてくれた


彼「あの時さぁ、お前、男にフラれてさぁ、死んじゃいそうな顔しててさ、俺はバカ笑いしてるお前が好きだったのに」

私「そうだっけ?覚えてないよ」


そして、その洋楽好きの友人に

「なんて言って、相談したの?」

と聞いたら


彼「好きな女に伝えたいことがあるから、なんかいい曲ないか、って」

私「ごめん、そんなのなんにも覚えてない、なんにも伝わってないよ、全然知らなかったよ、そんなこと」

彼「え?アレ?そーなの?」

と、彼はおどけた顔をして

ふたりで笑った


その夜は、その曲のこと、確かめもせずに


私がそれを思い出したのは、その数日後

ちょうど、彼が異動命令をもらった日

彼から

「○○に異動です」

とLINEが届いたあと

なぜだか、不意に、その時の会話を思い出した


動画と、歌詞を検索してみた


「あぁ、この曲か」

知ってる、聞いたことがある曲だった



失恋した女の子に


こっちへおいで

乗り越えておいで

僕が君にぴったりのやつだって証明するよ

どうして一人ぼっちだと思うんだい

僕たち一緒にいるだろう

君は僕の生活を価値のあるものにできるんだ

それなら僕は君を笑顔にしてあげよう

ただ君の横で一緒にいたいだけなんだよ



こんな、ステキな曲だった

彼の異動が決まって、その知らせを受けた直後の私

こんな歌詞を読んで、涙が止まらなかった


彼が、ホントに愛おしくて


そして


「Mr.Bigの曲の和訳です

こんな歌詞だって、あなたは知ってたのかわからないけど

もし知ってたなら、こんな気持ちでいてくれた人を、ちゃんと大切にしなかったあの頃の私は、本当にバカだったね」


と、その歌詞と


「(彼の名前)本当に、好きです」


と、LINEで送った




1時間後に、彼から


「歌詞、知ってたよ

昔、確認したよ

ありがとうね

Be with youです」



今から1年ほど前

彼のお引越しの数日前


20年以上前の若かった彼からもらった

時空を超えたプレゼントだった



若かった私は、ホントにバカだった


だけど

20年以上経って、やっと

ちゃんと受け取ったから


『あなたと一緒に』ね



ずっとだよ


この先も

プロポーズ

ちょうど1年前、去年の今日

私はここでブログをはじめました


彼と遠く離れて1ヶ月の頃でした


その日

彼が家族と花火を見に行くことを

前日にウッカリ知ってしまい

私の気持ちは、まぁ、ご想像どおり(笑)


そんな日でした



あの日のことは

とても鮮明に覚えているのに


今の私には、なぜか

あんなにも絶望していた自分の気持ちが

正直わからなくなりました



今朝のLINEは


私「花火キレイだった?」

彼「(私の名前)💚」


こんな具合に、彼が決して口を割らないので(笑)

確かめることはできないけれど

昨夜もきっと彼は家族と花火を見ています

私とまだ一度も見たことがない花火を


それでもこうして、穏やかな気持ちで

今、ブログを書いています



彼を愛する気持ちは、確実に

1年前よりどんどん大きくなっているのに

あの頃のように

不安や嫉妬で体まで病んでしまうほど

苦しむことはなくなりました


日々の気持ちの浮き沈みは

まだまだ、あいかわらずですが


気持ちを書いて

また読み返して

読んでくださった方とお話ができて

彼にも読んでもらうことで気持ちを伝えて


それを繰り返してきたことで

1年でこんなに変わるものだなんて


それとも、ひとつ歳を重ねた分

人間が図太くなっただけ?

・・・なのかもしれないけれど



図太くなったといえば

最近思うことがあります


私が前のブログをやめる前に届いた

知らない方からのメッセージの中に

「お互い離婚して一緒になれたら素敵ですね」

こんな言葉がありました


私は彼を探しはじめた頃から

そんな気持ちだったと思います

まだ再会もしていなかったのに

彼の気持ちなんて確かめもしないうちから

「できることならいつか一緒になりたい」

本気でそう思っていました


バカさ加減に自分でもあきれます


だけど、そこまでの気持ちがなかったら

彼を探したり、連絡をしたりは

できなかったんじゃないかな


彼にまた会ってしまって

そのあとどうなるのかなんて

そんなことを冷静に考えていられる私なら

きっと彼には会わなかったと思います


後先を考えられる冷静さを失うほど

どうしても彼に会わずにはいられませんでした


そして、再会してからも

ずっとどこかにそんな気持ちがあったから

嫉妬にも苦しみました


できることならずっと彼のそばにいて

一緒に歳を重ねたい

少しでも多くの時間を彼と一緒に過ごしたい


彼と一緒にしたいこと

彼と一緒に行きたいところ

彼と一緒に叶えたい夢は

数え切れないほどあります



それが、なぜかここのところ

「私たちはこのままでいるべきなんだな」

そう考えるようになっていて

自分でも驚いています



ある光景が浮かんだんです


今よりずっと年老いた彼が

小さな子供のハッピ姿を

眩いような目で微笑みながら見つめている姿

彼がその小さな子供に手を引かれて

彼の大好きなお祭りに行く姿

「おじいちゃん、早く〜」なんて


とっても幸せそうな、おじいちゃんと孫


そんな光景



愛する人、大切な彼だからこそ

そんな幸せな将来を味わってほしい


たとえ、そこに私がいられなくても


そんな姿が誰より似合う

お祭男の彼だから


そんな日を、彼もきっと夢見ているはず

だけど、その夢を叶えてあげられるのは

残念だけど、私ではないから


そんなことを考えたり、考えなかったり



誰にも言えない、ズルい、いけない関係を

誰にもバレないように続けていくしかない


彼を愛すること、それだけは

どうしてもやめられないから

それをやめることは

私が私でなくなることだから


そんなことを考えたり、考えなかったり


まとまりませんが

断言できないのは

まだぼんやりと、というところだからです





最近、彼がとてもやさしくなったと感じます

それを先月会えた日、彼に伝えました


彼は

「俺はなんにも変わらない」

と言いました


そんなことはないと思うんです


私のお願いをできる範囲で叶えてくれたり

うれしいと思うことをしてくれたり


・・・と書いていて、あれ?

彼は今までもずっとそうだった


不満だらけだった頃の私が

そんな彼のやさしさに、ちゃんと

気づけてなかっただけだった


だとしたら

なんてもったいないことをしてたんだろう

なんて彼に悪いことをしてきたんだろう



今でさえ、こうして書くことで

またひとつ大切なことに気づけていて



ずっと書いてきてよかったです

これからも書き続けていけることも







こちらでの投稿は

次の記事を最後にしようと思います


前のブログに投稿したかったものを

少し手直ししたものです


最後の記事もやっぱり長いです(笑)


そしてあいかわらず

くだらない私の感傷です



彼との思い出を書き残そうと思うと

書きたいことが次から次へと溢れてきて

ついつい、いつも長くなってしまいます



こんなくだらないものを

読んでくださる方がいてくださったこと

本当に幸せでした


今まで読んでくださって

本当に、本当にありがとうございました




このアカウントはこのままです


これからもみなさんの大切な恋を

陰ながらですがずっと応援させてください














そして、愛する彼へ






次の記事がここでの最後のラブレターです


今までたくさんたくさん読んでくれて

本当にありがとう


なんて、まだ続くんだけどね(笑)




私たち夫婦にはなれなかった

いつまで会うことができるかもわからない

そして、死ぬ時はきっと別々



だけど、いつだったか

「俺は絶対に早く死ぬから」

と言ったことに私が怒った時


「俺が死んだらずっとお前のココにいるから」

私の胸の中心を指で押しながら

そう言ってくれたこと、覚えてる?


私はそれを信じてるよ


私も同じだから


どちらかがどちらかの中で

ずっと一緒に生きていく



そして

ふたりともこの世からいなくなった時


その時こそ、ずっと一緒


それも、信じてる




これはまだ言ったことなかったけど

いい機会だからここで、思い切って






生まれ変わっても

必ず私と出会ってね

必ず私を探してね


そして、今度こそ私を選んでね

今度こそ私をあなたの

本当のお嫁さんにしてください


忘れんぼうのあなたが忘れないように

プロポーズだけ、先にしておくから


覚えておいてね




あなたを愛しています

『奇跡』

昨日

ある方のブログに共感し過ぎて

涙が出た


最後の1文には


彼が、私を見つけてくれた事が、1番の奇跡だから


そう書いてあって


「ホントだな」って

こんな簡単な言葉しか思いつかないほど

ただただ、共感してたら泣けちゃって



そして今日も、ある方が


『今、僕と彼女が電車で隣同士、肩が触れ合う距離でいることも、1年前の僕からすれば十分奇跡。』


また「ホントだな」って




『奇跡』なんてそうそう起きない


彼と私が既婚者である限り

このままこうしていくしかない


『奇跡』でも起きない限り、なんて


漠然とした将来のことを考えると

ただ不安で


よくない思考の時は

つい人と比べたりしちゃって


不満や欲ばっかり出てくる





だけどもう起きてた

『奇跡』


あんなにずっと会いたかった人

忘れられなかった人にまた会えたこと


その人が、今私と繋がってくれていること


そんな『奇跡』が起きてたのに




連絡が少ない、とか


なかなか会えない、とか


会える工夫をしてくれない、とか




・・・10日前に会った日

彼に文句言ったばかり(笑)


少し口論したことを

ブログに書くつもりだったけど


その前に、今、反省した

というか、気づかせてもらった

また、ここのみなさんに





彼と出会ったこと

ずっと離れていたのに再会できたこと

今、こうして会えること


これって『奇跡』なんだ



この先、なにがあるかなんてわからない


いつかなにかが起きて

彼に会えなくなることがあるかもしれない


もしかすると

ずっと会えなくなることだって


その時に自分がどうなってしまうかなんて

今の私には想像もできない


きっと、考えられないほど苦しむんだろう



だけど、この、起きた『奇跡』は変わらない


それに、私は、きっと彼も

一緒に過ごした時間を絶対に忘れない




そんな大切なことに

折に触れて気づかせてくださったり

忘れそうになっていることを

思い出させてくださる


みなさんとの出会いも

『奇跡』以外にないんだと思う



今日もまた、応援してもらったり

応援したい恋がたくさんあったり



ありがとうございます


隠れてこっそり読むんじゃなく

今はこうしてお礼を伝えられる

それだけで


みなさんとお話はできなくて

こんな形ではあるけれど

戻って来られてよかったです


本当にそう思います












それから少しだけ、メッセージを



姉妹喧嘩みたいになっちゃうくらい

泣いたり笑ったり

たくさん、たくさんお話したこと

忘れてないよね

私は覚えてる、忘れないよ


どんなこと話したか

何が大切だったか

思い出してほしいな

ずっとそう思ってる


きっと、なにも変わってないよ

そんなに簡単に変わるはずないこと

私は知ってるよ


ちゃんと見つめたら、ちゃんと見えるし

ちゃんと伝えたら、ちゃんとわかるよ

どんなに時間がかかっても


急がないで、ゆっくり


ちゃんと見てあげられて

ちゃんとわかってあげられるのは

自分だけだって

自信持って


大丈夫


代わりなんていない

たったひとりの大切な人だもんね










とりとめのない文章で失礼しました